TOP製品一覧>自然塗料

自然塗料

自然塗料


「吉野檜色」は、カルナバワックス・亜麻仁油・桐油を使用し、有機成分を全く含まない安全な塗料です。 ヨーロッパの安全規格「DIN53160」に合格。 玩具や木の食器などにも塗装できます。 ホルムアルデヒドを含まず、また、放散しないF☆☆☆☆同等の製品です。

製品一覧

ワックスと薄め液の2種類があります。

オリジナル商品「吉野檜色」

カルナバワックス・亜麻仁油・桐油を原料とした、有機成分を全く含まない安全な塗料です。ヨーロッパの安全規格のDIN53160に合格。 玩具などにも塗装できます。 無垢の長所、調湿作用や香り、抗菌作用を保持します。


自然塗料
容量 価格(税抜) 対応㎡
2.5L 22,000円 約70㎡
1.2L 13,500円 約35㎡
0.6L 7,300円 約17.5㎡

バルサムテレピンオイル(専用薄め液)


「吉野桧色」をより塗りやすくご使用いただくための薄め液です。 ワックスのみのご使用よりも伸びがよく、塗装しやすいのが特長です。 吉野桧色:薄め液=2:1の割合で混ぜてご使用ください。 薄め液をご利用いただいても、塗装の効果は変わりません。

薄め液
容量 価格(税抜)
1L 6,000円

●直射日光の当たらない場所に保存してください。
●お子様の手の届かない場所に保存してください。
●1年間保存できます。
●十分に換気しながらご使用ください。


使用方法

用意するもの
準備物

●吉野檜色
(薄め液使用の場合は吉野檜色2:薄め液1の割合でまぜたもの)
●乾いた布かスポンジ
(布は古タオル、スポンジは台所用でOKです)


≪必要なら≫

〇ゴムべらや割りばしなど
(ワックスが分離していたり、表面に幕が張っていた場合、混ぜるのに使います)
〇栓抜きやナイフ
(吉野桧色が入った缶のフタを開けるのに使用します)



ワックス塗布の仕方 ①吉野桧色(あるいは、テレピンオイルを混ぜたもの)を、布かスポンジの面につけて、フローリングに伸ばします。
ワックス塗布の仕方2 ②そのまま全体にまんべんなく塗り広げます。薄めに、刷り込むように塗ります。
※この時のポイントは塗料を出しすぎない事です。一度に大量の塗料を落として塗り広げると、半分ふきとって捨てる事になってしまいます。
ワックス塗布の仕方3 ③ 全体が乾いてきたら、別の乾いた布で、表面に浮いている余分なワックスを拭き取れば終了です。
ワックス塗布の仕方4

④ 使用した布やスポンジ、割り箸等は、そのままにすると自然発火の可能性があります。必ず水に濡らした上で捨ててください。残ったワックスはしっかり密封しておきましょう。乾燥すると膜が出来てしまいます。もし膜があった場合は、取り除いて塗る、もしくは塗った後取り切ってください。

注意事項


※再塗布メンテナンスは状態を見て年に1度くらいでOKです。
※開封後1年の保存可能です。
※ワックス自体、独特な香りが若干ありますが、有機成分や化学薬品(シンナーやラッカー)は使用していません。

0744422124 フォームでの問い合わせボタン